ブログトップ

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

kyoblog.exblog.jp

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

2006.09.01 久しぶりの川釣り

c0016718_295018.jpg

昨夜は3連休の最終日、さすがに連日釣行の後だけに体力的には疲れが溜まっていて昼前まで寝ていた。

そりおかげで後半は体力も回復していたのだが...
時間的には日本海まで往復する気力はムクムクと湧き出る事はなかった。

そんな中、晩ご飯を食べた後に近くを流れている桂川へ"吸い込み"での鯉・フナ釣りに数年振りに行ってきた。
結果は散々だったけれど、数メートル先を何かの動物に敷物が泳いでたり、草むらでカサカサと音がしたり...
音の出ている方へ懐中電灯を照らしてみると、すぐ近くに草を食べている?動物がいる。

さいしゅょはカピバラかと思ったが、帰ってから少し調べ見ると身体の大きさや泳いでいる時の姿から判断してヌートリアだったようだ。


今年の秋アオリは数回様子見も兼ねて見に行ったが、とにかくサイズが小さくて胴長が10センチを越えるとエギを追って来るアオリの中では大きい方の部類に入るのが現である。

よくこの時期には底の方までエギを沈めて誘い上げて来ると少しばかりサイズの良いアオリがという話も多いが、今年に限っては自分自身の体験では遠くへ投げても、底から誘いあげてきてもほとんどアオリのサイズは変わらないと言うのが実感している。

明日は(正確には日付が変わっているので今日)休みだが、さすがにアオリのサイズがこれだけ小さいと釣行意欲も減退するので家でやとなしくしていたのだが、果たして目覚めた後はどうなるだろう?
やはりウズウズしてしまって車で海へ走っているのか?
それとも体力と財布の中身を温存しているのか?
by 2kyo | 2006-09-01 02:20