ブログトップ

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

kyoblog.exblog.jp

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

2006.09.02 やっぱり小さい

c0016718_22111611.jpg

昨日は2時間余りの短い時間だったけれど高浜方面を見てきた。

最初に入ろうとした場所は平日だと言うのに釣り人の車が多かったので駐車スペースもなく断念して素通りとなった。

次の場所は超人気ポイント、さすがにこの場所も平日だと言うのに車も人も多い!!
しばらく様子を見ていたが全然釣れていない...
自分でも上層、中層、底と3回探ってみたけれどエギを追いかけてくる姿はなかった。

次は少しだけ移動して端っこかに数回探ってみたけれど、やはりエギを追いかけてくる姿はなかったので更に奥へは行かずに次の場所へ移動する。

そろそろ日の暮れにさしかかってきているので薄く暗くなってくるのと、風が強くて水面がざわめいて水中の視認が難しい状態。
何回かエギを投げてみるとアオリの姿は確認できたものの、やはりサイズ的にはリリースサイズ。

そのうちにひと回り大きなサイズが寄って来たので本日唯一の釣果となったけれど胴長10センチギリギリだった。

その後は遠くまで投げて底を中心に誘っていると、エギを持っていくアタリがあるものの針掛かりはまったくしないで、アタリも単発で終わる状態だった。

やっぱり今年の若狭周辺はどこもアオリのサイズは小さくて、場所によっては既に相当数が釣り上げられているのか?
単に擦れてしまっているだけなのか?
真実は判らないけれど数も少ないと感じる場所が多い。

今年は梅雨が長引いて夏前半の日照時間が少なかったのがアオリの成育に影響を与えたのだろうか...?
by 2kyo | 2006-09-02 22:23