ブログトップ

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

kyoblog.exblog.jp

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

2006.10.29 釣行も休み

c0016718_1615735.jpg

今日は日曜日だけれど予定では仕事も休みなのでどこかに釣行する予定だったが、少しばかり天気予報が怪しいのと、予定も変わったので結局は久しぶりに釣行も休みの休日となった。

この一週間の釣況から感じる事として、極端に各地での釣果に陰りが出てきたように思う。
今月に入ってからは足場の良い釣り人が多い釣り場などでは既に極端に釣果がガタ落ちにはなっていたが、それでも釣り人の少ない釣り場やボートエギングでは順調に釣れていたように思っていたが、そういう場所でさえも釣果が急に変化してきたようだ。

比較的シーズン遅くまで釣果が期待できる若狭西部方面においても同じように釣況は厳しい状況になっているようだが、例年と比べると少しばかり時期的には早いようにも思う。

各釣り場での釣果がガクンと落ち出すと、今まで良く釣れていたエギでも釣果が悪くなる傾向があるのだが、そういう場合には日頃から使用する頻度が少なくて一般的にも人気が薄くて、釣り人があまり使用をしていないエギの色や模様を使用してユックリとした底を徹底的に意識した釣り方で数は極端に伸びる事はないけれどサイズは期待ができる釣り場もあるように感じている。

ここ数年は以前のピンク色の餌木からオレンジ色のエギの人気が高くなってきて、ショップに並んでいるエギを見てもオレンジ系統が多くなっているように思う。
同時に釣り場でもオレンジ系統のエギが常に使用されている状況が続いていて、イカから見てエギには気づくもののシーズン前半のように簡単にはエギを抱いてくれないという事が水の中で起こっていると想像ができる。
水の中は見えないので釣り人からは、イカが居ない、全然エギを追っかけても来ない...という話しが多く出るのも自然の成り行きだが、イカの絶対数はシーズンが深まるにつれて減ってはきているが、まだ今の時期は決して釣り場全体からイカがいなくなってしまっているという事ではないと思う。

少しでもエギに対して慣れていないイカを引き寄せる為にも今の時期にはエギを投げる距離というのもポイントになるかもしれないが、使用をするラインの太さや種類によっても飛距離に差が出る事もあるので、私は今の時期にラインを新しい物に巻き替える事も多くなってしまう。

写真は私が愛用しているPEラインとフロロカーホンのリーダーだけれど、二種類のPEラインは同じ0.8号だけれど、実際には太さも違うしラインの成分?も違うので同じロッド・リール・エギを投げても飛距離には確実に差が出てしまう...。
by 2kyo | 2006-10-29 16:23