ブログトップ

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

kyoblog.exblog.jp

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

2006.11.14 海は荒れていた

c0016718_14453774.jpg

12日の午後からゆっくりと出て釣り場に向かったが、天気予報では夕方には雨も止むとの事だったので夕焼けの写真も期待して久しぶりに小浜方面へ行ったのに、雨は少し残ってしまって日が暮れるのも早くなってしまって目的地に着いた頃にはすでに辺りも暗くなってしまい夕焼けどころではなかった。

少しばかり山の上まで車を走らせたので紅葉も見頃になっているのではと期待していたのだが、たまに変わり者みたいに赤い葉っぱのモミジはあるもののほとんどは色づきもしていなかった。

夕方の狙い目時間なので早速釣りに入る予定だったが、とてもじゃないけれど海は荒れが残っているので危なくて釣りどころではない状態...。

まぁ海の荒れが残っているのは覚悟していたからショックはなかったたけれど、とりあえず少しでも天候の回復が早かった西へ移動する。

少しばかり移動しても車から見える海岸線は白い波が大きく見えるばかりで、一気に丹後まで移動したものの、お目当ての場所は漁港の中まで波しぶきが上がっている状態だった。

仕方なく更に波の静かな場所を求めて移動したが、完全に日も暮れて夜になってからは気温も急激に下がったのか?
とにかく寒さが厳しい、海面からは湯気が上がっているしエギを少し投げていても鼻水が出てきて風邪を引いてしまいそうな状態だった。

これじゃあ身体が持たないと判断して翌朝に期待して夜釣りはあきらめることに...
しかし時間はまだ夜の9時過ぎ、寝るにも早すぎるけれど、かと言ってなにもすることもないので朝までフテ寝状態で過ごした。

翌朝もウネリは残っていて厳しそうだったが釣りはできそうなのでエギを投げてみるが、とにかくアタリも何にもない状態が続くだけ....
ワームに変えて魚と遊んだりして時間が過ぎていくだけ...
お昼頃に少しばかり波が収まったのでエギを投げてみたけれど釣れるのはリリースサイズばかり...仕方なくあきらめて再びワームで遊んでいた。

20センチにも満たないアコウ(リリース)が1匹釣れたものの、ガシラ、アジ、ベラばかりで、ガシラも20センチ程度では食べる場所も少ないので全てリリース。

夕方前になりそろそろ帰ろうかと最後にエギを数回投げてみると、運良くお土産サイズのアコウがエギに食いついてくれてゲット!
これで気持ちよく帰り道も車の運転ができた(笑)
by 2kyo | 2006-11-14 15:09