ブログトップ

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

kyoblog.exblog.jp

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

c0016718_14144456.jpg
昨日は久しぶりに休みと好天気が重なった一日だった。
日本海側も好天気で厳しい寒さもなくて少し風と波があった事を除けば過ごし易い一日だった。

釣果の方も最近の情報から考えて何杯かが釣れれば良し!
5杯も釣れれば上出来だと思っていたが、結果的にはリリース2杯を入れると11杯にもなったので充分すぎるぐらいの釣果だった。

特に朝の一杯目に釣れたアオリが、引きが強い! 重い!!
足元まで寄せてくると確実に20センチオーバーだった。

少し離れた場所にギャフを置いていたのでラインは緩められないし、かと言って無理に抜き上げるのもヤバイし...少しづつラインを手探りで出してなんとか無事にギャフに手が届いた。

サイズを測ると25センチ!
今秋シーズンの最大サイズだった。

その後15時過ぎに再び朝と同じような強い引きと重さ!!
今度はラインが出ている状態でギャフが置いてある場所まで移動してギャフを手にしてから足元まで寄せて無事にゲットとなった。

測って見ると朝のアオリより気持ち分大きい25センチ余りあった。

秋シーズンに1日に2杯もグッドサイズが釣れるなんて本当に好釣果の一日だった(^^)
by 2kyo | 2005-11-29 14:23
c0016718_22545511.jpg
今年の秋の紅葉シーズンが当初の予想では遅れ気味という事で12月に見頃という紅葉予報もあったのでアオリも例年並みまでぐらいは釣れ続けるかなと思っていたのだが、どうやら好調と不調の場所がハッキリとしていて、不調と言われている場所ではオフシーズンみたいな釣況のようだ。

例年なら丹後半島方面も何ヶ所かではポツポツと釣れる事があるようだが、今年はごく一部の場所を除いては釣果もあまり期待が出来ない状況みたいだ。

前回の釣行では天候に見放されて撤収してきたので、せめて1回だけでも釣行はしたいと思っているのだが、明日の休みも朝の天気予報では良い天気だったのが夕方には雨模様に変わってしまったし、どうやら明日もゴロゴロ休日になってしまうのが確実みたいだ。

しかし...このまま運悪く休みの日の天候に恵まれなかったらオフシーズンに入ってしまう恐れもでてきたように思う。
by 2kyo | 2005-11-23 23:02
c0016718_1682956.jpg

今日は天気予報が降水確率50%という事だったので、昨日の夜遅くに出発して日本海まで行って来た。

道中は雨降りの後だろうと思える濡れている場所が多かったが、雨が降ったのも少しだけでなんとか海に無事到着。

どこの釣り場に行こうかと迷いながら、とりあえず車が横付けできる場所を目指して行く、しかし釣り場に着く直前から雨が降り出す...
仕方ないので車から一度は出てみたものの、冷たい雨なのであきらめて朝までzzz...

夜中も時折雨音で目が覚めるぐらいの強い雨脚...
それでも夜明け頃には雨脚も弱まり気にならない程度になっていた。

しかし...風が斜め前からの横風状態で雨も強くなったり、弱くなったり...
数回はエギを投げては見たものの、アタリもなければ追いかけてくるイカの姿もなし。

しばらく雨宿り...
その後も雨宿り...
結局雨宿りのまま少し雨が止んだときに片づけをして釣行は終了

雨宿りに行ったドライブだった(笑)
by 2kyo | 2005-11-16 16:08
c0016718_21435144.jpg

今日、明日と連休になったのだが今月に入ってからは若狭湾方面でのエギングでの釣果が一部の場所を除いては厳しい状態が続いているので、今回の連休は久しぶりに釣りに行く事もなくノンビリと過ごす事になった。

今年の秋シーズン後半に限っていえば、アオリが好調な場所とそうではない場所がハッキリとしているだけでなく、好調な場所は長く好調が続いているようだ。

特に舞鶴方面の一部では釣り人の数も多いとは思うけれど、イカの数も多い場所があるようだ。

来週は満月の大潮、果たしてアオリが移動して各釣り場での釣果が上向くのかどうか?
期待だけはしているのだが...。
by 2kyo | 2005-11-12 21:51
c0016718_315359.jpg

昨日は久しぶりに若狭湾東部方面である小浜~常神半島をボウズ覚悟で夕方前狙いで行って来た。
結果は運良く?
3杯のアオリとタコが1杯という釣果に恵まれた。

元々は今回の釣行先方面はホームグランドと言ってもいい場所で釣行回数も圧倒的にこちらの方面が多かったのだが、昨年ぐらいからは秋シーズン後半には丹後半島方面への釣行が多くなり、どちらかと言えば丹後半島の方がホームグランドになりつつある状態である。

常神半島ではエギングが今ほど大流行になる前から、10月の後半になると釣果が極端に悪くなるのが毎年の事だ。

そのために丹後方面へ釣行をしていない頃には今頃はシーズンオフに入っている事も多かったように思う。

昨年も12月の上旬頃まで丹後半島方面への釣行で釣果もあったが、今年は昨年と比べると海水温度も低めで推移しているのでシーズンオフは少し早めになるのかもしれない。
by 2kyo | 2005-11-05 03:01
c0016718_1152511.jpg

昨日は釣り友からの好釣果情報にも刺激されて釣り人が多い祝日にもかかわらず昼中エギングに行ってきた。

夜明け後にエギを投げ始めたが、1時間経っても一度のアタリすらもない状態が続く...
周囲の人たちもほとんど釣れていない。

思いきって場所移動をした結果、ポツポツとは釣れたもののサイズの小さいイカが多い、今の時期にリリース率が5割では話しにならない!

再び移動した場所でポンポンと胴長15センチを超えるキープサイズが釣れてようやく腰が落ち着いた。

その後もリリースサイズ混じりでエギを追ってくるイカがいたが、15センチを超えるようなさいずのイカが1メートル以内に近づいてこない...
相当にスレきっているようだ。
しかもエギを動かして、投げなおしても一度きりで何処かへ帰ってしまう。

今年もシーズン当初からの釣り場の混雑が続いてイカも例年以上にスレているが、今まではエギを追ってきても抱かないようなイカはあきらめるという事がセオリーだったが、日・祝日などの足場の良い釣り場ではスレていないイカの数が少ないだろうし、今後はこういうスレて釣れないようなイカでもエギを抱かせるテクニックが必要になってくるかもしれない。
by 2kyo | 2005-11-04 12:04