ブログトップ

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

kyoblog.exblog.jp

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

c0016718_0354786.jpg

もう日付が変わってしまったので昨日になるけれど、梅雨の晴れ間という貴重な良い天気の休日だったのに、釣行するどころか釣行をする気もなかった1日だった...
どうやら気持ちは完全にオフシーズンに入ってしまっているようである。

釣行をしないから1日中家の中にいるのかと言えば、今の時期はそうでもなく散財したりガソリンの無駄遣いなどをしてしまう事が多いのが私の特徴でもある。

そんな事で今日は丹波方面の山間部を車で走ってきたのだが、数年振りに走る道、初めて走る道、地名も知らない地域の場合は自分がいる場所の位置関係はわかっているものの、地名同士を結んだ道路名があると、さすがに自分の方向感覚だけが頼りなので少しの不安と多くのワクワクした楽しみがあった(笑)

夕方前には一度家に帰って食事をすまして日が暮れる頃には別の山の中へ....
今年の夏のエギングオフシーズンは何年か振りに虫採りに行く回数が増えそうな気配だ。

ただ以前のように必死になってオオクワガタを求めてというようなものではなく、ごく普通のクワガタやカブトムシを採りにいくだけというリラックスタイムなので疲れが溜まるという事はなさそうだ。
by 2kyo | 2006-06-30 00:47
c0016718_20372161.jpg
今日、明日と珍しく土・日の連休なのだけれど、前回の釣行以来10日間以上も間隔が空いているのに釣行の予定もなし。

普通だったら釣りに行きたくてウズウズしていてストレス発散のためにも、少々体力的にキツクても出かけていたのがシーズン中だった。

それなのに出かけていないという事は、私の中では若狭の春アオリシーズンはオフシーズンに入ってしまったという事になりそうだ。

あと一週間ほどすればカレンダーも7月に入って、各地の海水浴場も海開きとなって砂浜などでは危険なので釣りも自粛シーズンになる。

砂浜でなくても海中に潜って遊んでいる人もいるだろうから、漁港や磯場の近くでも充分に注意が必要になる。

春アオリは終了していてもケンサキイカの釣果もあちこちから聞こえてくるので、釣行さえすれば釣果の期待はできそうなのだが...
今年はケンサキ狙いの釣行は何回ぐらい実現するだろうか?
by 2kyo | 2006-06-24 20:45
c0016718_1259044.jpg

昨夜は久しぶりにクワガタ採りに行ってきた。
カレンダーも6月の後半になっているのでクワガタだけに限定すればほぼピークの前半頃になっているはずと目論んでいたが、今年の京都は5月から梅雨入り後も天気の悪い日は多くても雨量としては少なかった事もあって樹木からの樹液のでている量がまだ少ない。

まぁ、それでも何とかコクワガタも入れると10匹以上は採れたので、一緒に行った友人にはそこそこのお土産にはなったようだ^^
予想ではもっと採れるとは思っていたのだが...。

ヒラタクワガタ、ノコギリクワガタ、ミヤマクワガタ、スジクワガタ、コクワガタ、カブトムシ(メス)種類だけは一般的なものはほとんど揃ったのでバランス的には良かったのかも?
普段はあまり小さなものやメスは採らないでいるのだが、今回のように子供さんが欲しがっているような場合は少しだけメスも採る事はある。

しかし久しぶりの虫捕りという事も合って、今日は普段から使っていない筋肉が悲鳴をあげているのか?
身体の一部が痛い...(笑)
by 2kyo | 2006-06-21 13:07
c0016718_23331155.jpg

この前の休みは釣行も休んでノンビリと寝てばっかりで過ぎてしまったけれど、明日の休みも釣行するかどうかをまだ決めていない。

若狭の春アオリに関してはシーズンも間違いなく終盤に入っているので確実な釣果が期待できる場所というのは本当に少ないと思う。
さらに私が行くような足場の良い釣り場では尚更のような気もする。

今シーズンは多くのエギンガーの人たちが冬の間の厳しい寒さと記録的な積雪による雪しろによる海水温度の低下が原因でシーズンのピークは6月と予想をしていた人が多かったと思う、私もピークは6月の満月前後に来ると予想をしていた...。

実際には先日の満月でも釣果が聞こえる場所はあったものの、5月の満月前後と比べるとスケール的には小さかったように感じる。

小浜から常神方面にかけての爆発的な釣果で始まり、後半は丹後から但馬方面での好釣と続いたが、経ヶ岬から東の丹後方面北部ではポツポツとした釣果でしかなかったように感じているのだが...もしかすれば今からでも釣果が期待できるのだろうか?(笑)

現実には今でも若狭湾内でも好調パターンの場所もあるようだが、日中のクソ暑い中でのエギングも疲れるし、しばらくはオフシーズンに突入してドライブやノンビリとした釣行が秋までは心身ともに良さそうだ。

さて、明日の休みはどうしよう?
気がつけば釣り場で必死にエギを投げている自分が居るのだろうか(笑)
by 2kyo | 2006-06-19 23:52
c0016718_20552515.jpg

今日は前日の夜から出発して釣り場には夜明け前に到着、正直言ってアオリも期待はしていたが、どちらかと言えばアオリよりもケンサキを期待しての釣行だった。

釣り場に到着するとケンサキ狙いならと思っていた灯りのある場所には釣り人がいたので、仕方なく違う場所へ入るが全然アタリもなく、釣り場内を場所移動しては元に戻ったりしていて時間だけが過ぎていく。

夜明け後にはアオリ狙いで入りたいポイントも暗い時間帯にエギを投げてみたがアタリは無かったので潮通しが良さそうな場所で夜明けまで粘る事にする。

夜明け前にアオリ狙いのポイントへ移動しようしたが...なんと活きアジでの釣り道具がいつのまにか2つも置いて場所取りをしてある...

またまた仕方がないので再度潮通しが一番良さそうな場所に居付く事を覚悟してエギを投げ続けていると、コウイカが釣れたものの...数回アオリでもコウイカでもないアタリがあったが針掛りしない。

そろそろ夜も明けて来る頃、睡魔と闘いながらのエギングを続けているとやっと待望のアオリゲット!
結構引き味が強かったのでデカイかなと期待したが、ギャフ掛けで上げって来たサイズは胴長29センチだった。

ポイントの特性と時間帯からして群れで回遊している可能性が強いので続けて丁寧に探ってみたが残念ながら、その後は一度もアタリがなく6時頃には睡魔も限界を超えたので撤収となった。
by 2kyo | 2006-06-13 21:07
c0016718_21332120.jpg

写真は栗の木の花、鮮やかな色とりどりの花たちと違って地味だけれど秋の実りの準備期間とも言える栗を実らせるための花だ。

今年の春アオリシーズンも終盤の様相が色濃くなってきて、釣り場によっては夏のイカとも言えるケンサキイカがエギングでも釣れ出している。

冬の寒い時期はヤリイカ、春になるとコウイカやモンコウイカも釣れ出しアオリイカへと繫がって行く。

夏になって春アオリが終わってくるとケンサキイカ、そして秋には待望の秋のアオリイカシーズンがやってきて、11月頃になればタルイカなども狙える。

イカって一年を通じて、何かの種類がエギングでも狙えるのである。

今年の春アオリシーズンも回数だけはバカみたいに重ねたけれど、釣果の方はと言えば...2杯だけという少しばかりサビシイ釣果だったが、自分自身の釣りスタイルを考えればシーズンボーズでも不思議ではないし、2杯の釣果は上出来だつたのかもしれない(笑)

秋のアオリイカシーズンに向けて、私も小遣いと休みの節約という準備をしなければ...。
by 2kyo | 2006-06-08 21:43
c0016718_1163468.jpg

5日の夕方から6日の午後まで釣行してきたが、またまた今回もアオリイカは空振りだった。
5日の日の暮れにコウイカが1杯釣れたものの、それ以外のイカは全くのダメ状態...
夜は寝不足が続いていた事もあり、普段では考えられないような時間には車の中で朝まで寝てしまった。

早朝からアオリを狙ってエギを投げ続けたがアタリもなく、しばらくするとあきらめムード突入してしまい、気分転換にワームでガシラとお遊びタイム。

数匹釣れば次はエギ、数回投げてまたガシラ遊び..の繰り返し。

午後にはワームの時間が続いてしまう事に...

リリースサイズのガシラやハゼ類は入れ喰い状態、時々20センチ程度のアカベラも釣れるが全てリリース。

それでも続けていると20センチぐらいのキープサイズのメバルやガシラ類もたまに釣れてくれるので、釣れなくて退屈するという事はなかった。

藻の脇をワームを泳がせるように誘っていると、今年初のアコウが釣れるという嬉しい事もあって、午後はワーム遊びが続いてしまった。

夕方前に再度エギを投げてみたものの、やはりアタリもなく明るい時間帯に撤収となった。
by 2kyo | 2006-06-07 11:18
c0016718_22463032.jpg

合計1000万円の旅が当たるプレゼントキャンペーン開催中!

当たれば仲間で誘い合って釣り旅行です(笑)

と言っても当たるなんて思ってもいないのですが...(^^;

エキサイトブログがネームカードの登録をすると画像容量が今までの30MBから1GBに一気に増えるらしい!
これでしばらくは容量制限も気にしなくてすみそうだし、写真も画質を落としてまでデータサイズを無理やり小さくする必要からも開放されそうです。

あとは、携帯からも書き込みだけでなく閲覧もコメントも可能になれば良いんですけれどね。
by 2kyo | 2006-06-04 22:31
c0016718_21472653.jpg

昨日の夜は久しぶりに常神半島を目指しての釣行、自分の読みとかではなくて釣果情報をアテにしての場所選びだったのだが、見事にアテが外れて釣れたのはアオリイスではなくてモンコウイカが1杯だけだった。

週末という事で釣り人の数は相当に多いだろうとは予想はしていたが、その事だけは予想通りで期待していた釣果は釣り場全体でみても釣れているような様子もなく、どうやら連日の釣り人の多さによる24時間連続体制のエギ投入状態が続いていて、場荒れと言うかプレッシャーがターゲットのアオリに対して相当高くなっているのかも?

正直言って、そこそこの釣り座さえ確保できればアオリの1杯は釣れるのではと楽観していたのだが、釣り場で釣れていたのはコウイカだけだった。

ここ数日は睡眠時間も短くて時間帯も変な時間が続いているので体調にも注意をする必要があるのだが、明後日が休みなので無理な釣行をしてしまいそうな気もする...。
by 2kyo | 2006-06-03 21:56
c0016718_17531953.jpg

昨夜から出発して明け方狙いでの釣行に行ってきたのだが、釣果はゼロ...。

釣果ゼロは珍しい事でもないので、まぁいいけれど...(^^;

何か、釣り場に着いても"よし!釣るぞ!"っていう気持ちが湧かなかった。
元々春アオリはシーズンに1杯だけでも釣れれば良い方みたいな過ごし方を続けていた事もあるとは思うが、今日はダラダラとしたエギングをしていたのだけは間違いなさそう...。

でも心の中では、もっとデカイのを釣りたいとか、たくさん釣りたいと思う単純な気持ちはあるのに不思議だ!

やっぱり...足場が不安だと楽しめないという事なのだろうか?

今回は午前中には帰宅していたからなぁ~(笑)
少しばかり釣り場にいる時間が短時間すぎるかも?
by 2kyo | 2006-06-01 18:00