ブログトップ

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

kyoblog.exblog.jp

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

c0016718_2249570.jpg
9月も残す所あと一日、明日は土曜日で天候も良さそうだから、きっと釣り場も人が多いだろうなと思う。

先日のオフ会の後は27日に釣行してきたが、天候が崩れそうな予報だったけれど、たまたま行っていた場所は雨が降りそうで降らない状態が続いて結果的には雨具を使う事もなく、夕方前まで撤収する事もなく楽しむ事ができた。

今年の釣行でのひとつの特徴として、早朝の一番数が釣れる時間帯は例年のように数は出るけれど、何故かサイズ的にバラバラだったりして平均サイズとしては、一日の中では決してサイズは大きいとは言えない事がある。

逆に陽が昇って早朝の好調さがバッタリと途切れてアタリも極端に少なくなる時間帯になって、しばらくすると今度はサイズが早朝よりも確実にアップする事が何回か経験している。

単純に考えた場合だが、早朝の活性が高い時間帯は、貪欲な小さめのアオリが活発に自分の体と変わらないようなエギでも活発に抱きに来ているが、少し活性が落ち着いた頃になると、それなりのサイズのアオリが揃ってくると考えた方が素直なように思う。

そんな9月だったけれど、もうすぐ10月になる。
メイン掲示板でも常神方面などで急に釣果が悪くなって、釣れても小さいサイズが多いという現象が始まっているようだ。

以前から特に常神方面は10月に入ってしばらくするとガクンと釣果が悪くなる傾向があり、活きアジの泳がせではアタリがあるけれど、エギでは釣果が伴わないという事も多いようだ。

アジには食いつくという事はアオリはいなくなったのではなくて、確実にいるのだが何らかの原因でエギに対しての反応が極端に悪くなっているだけとも言える。

そんな中、昨年秋シーズンに釣れなくなってきたと言われていた頃に、ある場所の波止ではなくてサーフに近い状態の場所から夕方に少しエギを投げてみたら、アタリも多くて周囲とは全然違う場所で釣っているぐらいの感覚だった事がある。
水深も浅くて、下手に底までエギを沈めれば根掛かりも必死と言う感じの場所だったのだが、同じような場所って、小場所でもいいから探せば結構多いような気もする。
by 2kyo | 2006-09-29 23:08
c0016718_1223954.jpg

昨日はアオリイカ釣行紀の2006年秋オフ会だった、場所は恒例になっている小川漁港のバーベキューハウス。
今回は参加申し込みのペースがいつもよりもユックリとしていて参加人数も30人以下になりそうかなと思っていたが、たくさんの人たちが休みや仕事を都合して参加をしてくださって当日には37人の参加になった。

今回もオフ会に初めて参加をしてくれた人たちもいて、新しい人たちとの出会いと言うのは新鮮味もあるし、いろいろな話も聞くことができる良い機会なので楽しみでもあり、貴重な機会なのだが、毎回の事とは言うものの...今回も参加をしてくれた人たちと多くの話をする時間はなかったのが残念だった。

今回のオフ会を兼ねての釣果は全部で10杯、最大サイズが17センチだったが釣れた時間がオフ会当日の0時に達していなかった為にミニトーナメントには出せずにおわったが、現地で刺身となって参加した人の口に入ったのでトーナメント上位よりもいい結果だったかも。
by 2kyo | 2006-09-25 12:38
c0016718_12235819.jpg

明日は約1年ぶりのオフ会、昨年までは春シーズンと秋シーズンにそれぞれ行っていた物を今年は秋シーズンだけにした。

参加人数は運動会などと日程が重なってしまった人も多くて、予想をしていたよりは少し少な目だけれど、それでも30人を超える多くのエギング好きが集まる一日になりそうだ。

明日の天候も好天気で心配ないみたいだし、いつもは前日にギリギリの判断をしていた事を思えば天候の心配がないだけでも気持ちが楽である。

さて今回は先週の台風前に常神方面では爆釣だったみたいで、その後の酷い濁りで釣果は一旦落ちているが、台風でイカが大きく移動して居なくなっていなければ濁りもそろそろ消えてくるだろうから明日の釣果は期待もできそうだ。
by 2kyo | 2006-09-23 12:29
c0016718_14503236.jpg

昨日は釣り友達と一緒に朝から台風一過のエギングに行ってきた。
前夜も少しは様子を見るためにエギを投げてみたが奥まった場所事もあり濁りも酷くて全く釣果はない状態だった。

朝からは波も風邪もウソみたいにない状態だったので潮通しの良さそうな場所でのエギング、一投目からポツポツと釣れるものの、何故かバンバン釣れる!という感じではなくエギをガッチリと抱いている時もあれば、蝕腕だけに掛かっている事も多かった。

当然の事ながらエギを持っていくようにアタリも多く、イカの数は多そうだけれど活性はもうひつなのか?
それともシーズンも半ばに近づいてきているのでアオリも相当に擦れてきてしまっていると考えた方が良さそうだ。

よくゲソだけと言われる蝕腕が身切れしてエギに残っている事も多数回あったのだけれど、特に強くあわせているわけでもなく、ゲソだけの時は逆に合わせも入れていないのに勝手にゲソだけ...という事が目立った。

数的には夕方前には50杯以上の釣果に恵まれたが、釣れる時間帯はまとまって釣れるが、釣れない時間帯はピタッと釣れないという一日だった。

それでも夕方前には今シーズンの自己記録になる胴長17センチも釣れたので満足できる釣行だった。

平均サイズも12センチ程度のアオリが多く10センチ以下のサイズは少なかった。
by 2kyo | 2006-09-20 15:02
c0016718_20491724.jpg

昨夜から今日の午前中にかけて若狭湾西部まで行ってきたが、夜明け前後の早朝の体感温度がこんなに寒くなっているとは思わなかった。

半袖にTシャツ一枚でまだ大丈夫だろうと思っていたのだが、涼しいを通り越して寒いと感じる状態だった。
幸いな事に車に薄手のジャンバーを積んでいたので風邪をひく事はなかったが、上着がなければ今頃はクシャミが連発していたかも?

平日だと言うのに前回も今回と同じ場所に行ったときは深夜には波止には人が居なかったが、夜明け前には狙い目の場所には前回も今回も既に釣り人が入っている状態だった。

今回の釣行の特徴としては、スタートから3号のエギを使用していたが、すぐに反応が極端に悪くなったので2.5号も使ってみたあとに再度3号の同じエギに戻す事でアタリも活発になり釣れるサイズも数も明らかに周囲とは差が出たのが面白かった。
by 2kyo | 2006-09-15 20:57
c0016718_13382114.jpg
昨日は土曜日から3連休の最終日、当初は天気予報が悪いので釣行もあきらめていたのだが、天気の回復が早まったみたいで良い天気になっていた。

時間的には短かったが、夕方狙いで移動時間が短くてすむ小浜方面へ行くことにした。

最初釣り場に着くと、持ってきたはずのクーラーバッグがなくて、飲み物も食べ物もないのでコンビニまで戻って再び釣り場に...。

濁りと北風があったが、濁りもそんなに強くなかったので特に気にしないで目立つカラーのエギを使用してのスタート。
すぐに1杯目が釣れて暗くなる前までにポツポツと言う感じで約10杯の釣果だった。

帰り道は少しばかり遠回りをして、常神半島までドライブ、途中の漁港は濁りが強く最後の漁港は濁りはマシだった。
その最後の漁港で少し投げてアオリを1杯追加!

帰りに"こいさんの櫻池"に寄って、最後に釣れたアオリを刺身にしてもらってノンアルコールで一杯飲んで無事に帰宅となった。
by 2kyo | 2006-09-12 13:47
世の中には良い悪いは別として、いろんな所で"暗黙のマナー"という物があると思っている。

例えば決して誉められる事ではないが、男の浮気って男同士だと知っていても嫁さんには教えない男の人が私の周りには圧倒的に多いようだ。
実際には今は浮気をしているほどカイショのある人は居ないみたいだが...(笑)

釣りの世界においても暗黙のマナーとして最近は釣り場所名をネット上の掲示板などには書かないという傾向が強くなってきている。
私自身はアオリイカの秋シーズンなどは、何処へ行ってもアオリイカは釣れていると思うので、釣れる数の差や、釣り人の人数の差はあるにしても、逆に場所名を書く事が普通になったら何処でも釣れているという事で釣り人も1ヶ所に集中する事もなくなるとは思っている。

書くという事では、このブログもそうだけれど、ネット上に書くという事になるので、設定で閲覧制限をしていなければ、誰でもネット環境があれば自由に見る事ができる「公開」になる。

公開レベルになると、暗黙のマナーはもちろんのことだが、特に個人が特定できる内容の書き込みなどは本人の了解をもらわずに書いたりしてしまうと、書いた方は悪気はなくても書かれた方の人にとっては迷惑がかかってしまう場合もあるので注意が必要だ。

仕事を上手く休んで釣りに行っている人が偶然に知り合いに見かけられて、掲示板に昨日どこどこにおられましたね!なんて書かれたりしたら、そりゃぁ...困ってしまいます(笑)
幸い私は内緒で休みを取って釣りに行くことはないので大丈夫なのだが(笑)

掲示板といえば、最近は掲示板に続いてブログ、更にいろいろなネット上の無料サービスも多彩に登場してきているので、ある程度の閉ざされた空間での交流という場も増えてきている。

私自身も新しいもの好きな方なので、何ヶ所かは利用したり、放置したままという所もあるが、あくまでも別の場所であるので、人によっては場所ごとにプライベート面なども使い分けている人も多いから、間違っても他の場所に、どこどこで見かけましたなんて事は「暗黙のルマナー」に反していると私は思っている。

もし私の管理する掲示板で、そういう内容があった場合は削除を行うが、できればそういうマナー違反は無い事を願っている。
by 2kyo | 2006-09-11 12:29
c0016718_15384899.jpg

昨日の土曜日から月曜日まで3連休、連休の間に2回は釣行できるかなと期待をしていたのだが、どうやら今日と明日は天候が悪くて雨模様みたいなので昨日の釣行だけで3連休は過ぎて行きそうだ。

昨日の釣行は知り合いや、古くからの友人達と一緒の釣行、エギングの経験が長い人もいれば、ほとんど経験のない初心者と言える人も一緒だった。

結果的には釣果と経験の長さは見事に比例した結果になってしまったが、それでも全員が釣果を得る事ができたので良かったと思う。

しかし土曜日だから仕方はないのだけれど、足場の良い釣り場には釣り人の数が多い。
釣り場に到着したのが金曜日から土曜日に日付が変わる深夜だったのに、釣れそうな場所には釣り人と、置き竿がズラリと並んでいる状態だった。

一方、あまり釣れそうにもないような少し奥まった場所には釣り人の影はほとんどない状態だった。
釣れそうな場所の隙間でやってみても釣果はなかったけれど、人のいない奥まった場所では逆にポツポツではあるけれど釣れる状態だった。

日中は天気も良くて、思わずコンロと炭があればヤキニクで冷たいビールでも飲みたくなるような天気だった。

元々アルコールはほとんど飲まない私は帰りの運転もあるので当然アルコールは飲まないけれど、ビール好きに人には冷たいビールが飲みたくなる天気だったと思う。

今回の釣果はリリースも含めると20杯以上にはなったけれど、場所的な原因もあるのか?サイズ的には前回の釣行時と比べるとサイズは小さいものが多かったように思う。
by 2kyo | 2006-09-10 15:51
c0016718_1655690.jpg
昨日はドライブ覚悟もしつつ若狭湾西部方面へ釣行してきた。
場所的には、できるだけ釣り人のいない場所を選んでのエギングを心掛けてみた、結果としては胴長約12センチ~14センチが24杯という釣果だった。

当然の事ながら釣り場にはリリースサイズのアオリも多くいるし、リリースする時に何回か逆襲の墨かけの先例も受けてしまった。

土・日の釣行だったら何処へ行っても釣り人が多いけれど、平日は多いと言っても週末と比べると人気場所以外はまだまだ人も少ないので自分のペースで釣りも出来るし結果的に場所移動も容易なので選んで釣る感覚も可能だ。

しかしこの時期の日中はまだまだ暑いので水分の補給だけは充分にしないと参ってしまう。
昨日も2リットル以上を飲み干してしまったけれど、ほとんどが汗として出ているようだった。
by 2kyo | 2006-09-05 16:17
c0016718_22111611.jpg

昨日は2時間余りの短い時間だったけれど高浜方面を見てきた。

最初に入ろうとした場所は平日だと言うのに釣り人の車が多かったので駐車スペースもなく断念して素通りとなった。

次の場所は超人気ポイント、さすがにこの場所も平日だと言うのに車も人も多い!!
しばらく様子を見ていたが全然釣れていない...
自分でも上層、中層、底と3回探ってみたけれどエギを追いかけてくる姿はなかった。

次は少しだけ移動して端っこかに数回探ってみたけれど、やはりエギを追いかけてくる姿はなかったので更に奥へは行かずに次の場所へ移動する。

そろそろ日の暮れにさしかかってきているので薄く暗くなってくるのと、風が強くて水面がざわめいて水中の視認が難しい状態。
何回かエギを投げてみるとアオリの姿は確認できたものの、やはりサイズ的にはリリースサイズ。

そのうちにひと回り大きなサイズが寄って来たので本日唯一の釣果となったけれど胴長10センチギリギリだった。

その後は遠くまで投げて底を中心に誘っていると、エギを持っていくアタリがあるものの針掛かりはまったくしないで、アタリも単発で終わる状態だった。

やっぱり今年の若狭周辺はどこもアオリのサイズは小さくて、場所によっては既に相当数が釣り上げられているのか?
単に擦れてしまっているだけなのか?
真実は判らないけれど数も少ないと感じる場所が多い。

今年は梅雨が長引いて夏前半の日照時間が少なかったのがアオリの成育に影響を与えたのだろうか...?
by 2kyo | 2006-09-02 22:23