ブログトップ

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

kyoblog.exblog.jp

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

<   2006年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

c0016718_1185415.jpg

今年の秋は若狭の海水温度が例年と比べると低めで推移していて、秋も後半になってきてから逆に今度は高めに推移していたけれど、今年の"温度"はどうも例年どおりではなかったような気がする。

紅葉も暖かい日が多くて遅れ気味と言われていたけれど、急に冷え込む日が続いて一気に色づき始めたかと思えば、今度はそのまま落ち葉の大群状態になって、紅葉の見頃も短いような雰囲気だ。

長期予報ではこの冬は暖冬予報がてでいるけれど、随分と昔と比べれば天気予報の精度も高くなってきているのに、それでも長期予報に限っては外れてしまう事が多いような印象がある。
果たして今年の冬は予報どおりに暖かい冬になって、アオリも正月が明けてもポツポツと釣れ続ける状態が続くのか?
それとも見事に予報が外れて厳しい寒さになって海水温度もグンと下がって、アオリが釣れる状態から年末頃には例年のように若狭でも冬イカとも言えるヤリイカが釣れ出すのか?
by 2kyo | 2006-11-29 01:26
c0016718_17232470.jpg

今日の休みも天候予報が中途半端だったのと、紅葉シーズンの日曜日という事もあって車が多いだろうと予想して釣行はしていないので、これで3回続けて休みの日に釣行をしていないことになる。

季節的には日本海側の天候は不安定な時期に入っているし、釣り場では海が荒れていたり風が強かったり、急に時雨れてきたりという事は普通のことなのだけれど、11月に入ってからの釣行も天気は良いけれど、海が荒れて風も強い状態が続いていただけに、予報で同じような天候だとどうしても足が鈍ってしまう。
下手すれば今シーズンはこのまま秋アオリはシーズンオフに入ってしまう可能性もありそうだ。

そんな中、釣りショップへブラッと寄ってしまったのだが...
気がついたら出てくる時にはしっかりと手に買った釣り具を持ってしまっているという現実...(笑)

行く宛てもないのにメバル用にフックなどを購入してしまったのと、写真には写っていないがshimanoのクーラーバックもひとつ買ってしまった。

まだ秋アオリも1回ぐらいは行きたいと思っているのだが、果たして天候と休みが上手く合ってくれるかどうか...。
by 2kyo | 2006-11-26 17:31
c0016718_21135034.jpg

今日は休みで前回の休みに続いて天候もそこそこの予報だったので釣行するかどうか迷ったけれど、結果的には目が覚めたらお昼を過ぎていると言う長時間睡眠をしてしまって断念した。

新月とは言え大潮なので釣果的には少しは期待ができるだけに、冬型の天候が多くなってきた時期の好天気の休日は貴重な事をプラスしてもったいない休日の過ごし方をしてしまった。

でもさすがに前回同様に散財はしたくなかったので、ショップ関係には行かずに、北嵯峨方面へぶらっと出かけてきたが、嵐山を通るだけに平日だと言うのに観光バスも多いし、他府県ナンバーの車もしっかりとズラぁ~と繫がっていた。

帰り道はさらに車の列が長い状態...
あっさりと裏道ばかりで帰ってきたけれど、どう考えても嵐山周辺は車よりも歩いている方が早そうだ。
c0016718_21153121.jpg

by 2kyo | 2006-11-22 21:23
c0016718_0173025.jpg

今年は京都市内での紅葉が遅れ気味だったけれど、ここ数日間の寒さも手伝ったのか急に落ち葉が多くなり、同時にケヤキやモミジの葉も色づきはじめている。

この時期になると例年なら常神半島でもタルイカが接岸してエギで釣ったり、ギャフなどで直接引っ掛けたりできるのだが今年はどうだろう?

何年も前の事だけれど、ある漁港では長い棒の先にギャフ状の物をくっつけた竿(?)を持ってタルイカの接岸を寒い中で待っている地元の人らしき人がいたのもこの時期だった。

海が荒れている時の方がタルイカは接岸してくる事が多いというイメージがあるのだけれど実際にはどうなんだろう?

秋のアオリイカシーズンも終了が近づいてきて、これからはタルイカ~ヤリイカのシーズンになるのだが今年の冬は何回ぐらい寒さに耐えて釣行するのだろうか?
by 2kyo | 2006-11-21 00:31
c0016718_18144183.jpg

昨日の休みは釣行するかどうかを迷っていたけれど結局は釣行はしなかった。
理由は京都市内で晴れるような予報が曇り空だったので、日本海側は時雨れたりするだろうと予想をしての事だった。

その分時間的には余裕ができた休日になり、釣行していたら使ったであろうと予想される金額をシッカリと散在してしまう事になった。

今日は夕方からの仕事、天気が悪いこともあるけれど夕方の5時前だと言うのに、すでに街の中も薄暗くなって、電車のホームも灯りがともって冬のムードが漂いはじめていた。

次の休みの天気予報は少しばかり微妙な感じだけれど、さて釣行するのか、それともこのままアオリシーズンは区切りをつけて、来月のヤリイカシーズンまでひと休みとなるのか。
by 2kyo | 2006-11-19 18:21
c0016718_14453774.jpg

12日の午後からゆっくりと出て釣り場に向かったが、天気予報では夕方には雨も止むとの事だったので夕焼けの写真も期待して久しぶりに小浜方面へ行ったのに、雨は少し残ってしまって日が暮れるのも早くなってしまって目的地に着いた頃にはすでに辺りも暗くなってしまい夕焼けどころではなかった。

少しばかり山の上まで車を走らせたので紅葉も見頃になっているのではと期待していたのだが、たまに変わり者みたいに赤い葉っぱのモミジはあるもののほとんどは色づきもしていなかった。

夕方の狙い目時間なので早速釣りに入る予定だったが、とてもじゃないけれど海は荒れが残っているので危なくて釣りどころではない状態...。

まぁ海の荒れが残っているのは覚悟していたからショックはなかったたけれど、とりあえず少しでも天候の回復が早かった西へ移動する。

少しばかり移動しても車から見える海岸線は白い波が大きく見えるばかりで、一気に丹後まで移動したものの、お目当ての場所は漁港の中まで波しぶきが上がっている状態だった。

仕方なく更に波の静かな場所を求めて移動したが、完全に日も暮れて夜になってからは気温も急激に下がったのか?
とにかく寒さが厳しい、海面からは湯気が上がっているしエギを少し投げていても鼻水が出てきて風邪を引いてしまいそうな状態だった。

これじゃあ身体が持たないと判断して翌朝に期待して夜釣りはあきらめることに...
しかし時間はまだ夜の9時過ぎ、寝るにも早すぎるけれど、かと言ってなにもすることもないので朝までフテ寝状態で過ごした。

翌朝もウネリは残っていて厳しそうだったが釣りはできそうなのでエギを投げてみるが、とにかくアタリも何にもない状態が続くだけ....
ワームに変えて魚と遊んだりして時間が過ぎていくだけ...
お昼頃に少しばかり波が収まったのでエギを投げてみたけれど釣れるのはリリースサイズばかり...仕方なくあきらめて再びワームで遊んでいた。

20センチにも満たないアコウ(リリース)が1匹釣れたものの、ガシラ、アジ、ベラばかりで、ガシラも20センチ程度では食べる場所も少ないので全てリリース。

夕方前になりそろそろ帰ろうかと最後にエギを数回投げてみると、運良くお土産サイズのアコウがエギに食いついてくれてゲット!
これで気持ちよく帰り道も車の運転ができた(笑)
by 2kyo | 2006-11-14 15:09
c0016718_0551753.jpg

9日の釣行は釣果数だけを見れば前夜に少しだけエギを投げて1杯、当日の朝から夕方前までに12杯だったので好釣果のように思えるが、実際の内容を見るとサイズが極端に悪くて最大でも胴長が15センチ止まりだった。

夜明け後は数もサイズも期待ができる時間帯で、今シーズンに於いても結果も出ているのだが今回は全く釣れなくて、早朝からエギを投げ始めて7時代には早くもエギをあきらめてワームに付け替えていたぐらいだからお手上げ状態だった。

数時間ごとに単発でやっと釣れる状態の中で、2回だけ5杯、4杯と続けざまに釣れた時があったのだがサイズは全て15センチ以下ばかりという状況...
要するに単に運良く近くに小さな群れが回ってきてポンポンと釣れただけで、もしも運良く群れにあっていなければ朝から夕方まで3杯だけという釣果になっていた。

そろそろ今年の秋アオリシーズンも日本海側では冬型の天候も増えてくるだろうし、シーズン終了も相当に近くなってきたのかもしれない。
by 2kyo | 2006-11-11 01:03
c0016718_23584621.jpg

昨日からの釣行では幸運と不運?が入り混じった釣行だったような気がする。

まず最初は高速道路を走っていて、普通ならスピード違反で捕まるようなスピードを出してはいるけれど、何となく走り方が不自然な車が一台いたので抜かさずに後についていたら、一気に抜き去った車が前に行った時に天井に赤色灯が回った...覆面パトカーだった。

釣り場に到着するとお目当てのポイントは誰も居ない!
しかしエギを投げ続けても全くアタリもなく魚?に時々ラインをスパッと切られるだけ(>_<)

場所移動を繰り返し人気場所へ行って見るものの、やはり人が多い。
夜になって暗いというのに波止の上には数メートル間隔で人影が満月の明かりに照らされて見える状態。

あきらめて場所移動のためら車をUターンさせるために漁港内へ入ると、さすがに人気場所と言っても魚港ないは釣り人もほとんど居ない、試しに漁港口めがけてエギを投げてみるとアタリはある。
水深は2~3メートル程度しかないが釣れたのは胴長19センチのアオリ、その後も続けてキープサイズと続く、しばらく粘ってみると今度は27センチ余りのキロクラス!
その後も20センチが釣れたが、13センチも続いて釣れたので、この場所からは撤収して翌朝まで仮眠タイム。

しかし翌朝はチビアオリの猛襲....数だけは増えていくがサイズは上がらない。
オマケに午後からは風も波も強くなりあきらめムードでエギをワームに変えて遊んでいたが、今回はお土産になるような魚は釣れなかった。
天気予報では雨降りを覚悟していたけれど、風は大丈夫と思っていたのに...雨はほとんど降らずに風と波には泣かされたので天候だけは不運だったみたいだ。
by 2kyo | 2006-11-07 00:05
c0016718_1502037.jpg

今日からは世間一般では3連休だけれど3日間とも仕事...
今日は夕方からの仕事なので昼間に釣りショップへ行ってきた。

予定ではラインを取り寄せてもらう事ぐらいだったのだが、何故かショップから出てきた時には耐水防寒服と偏光サングラスを手に持っている状態にんなっていた(笑)

偏光グラスはSight Master(サイトマスター)というフレームでチタン製らしい、レンズはタレックスなので物としては間違いはないだろうと思っているが、ショップで最初は見るだけのつもりだったのに実際に掛けてみると軽くて、横幅も広めのフレームだったせいか楽に感じて衝動買いになってしまった。
by 2kyo | 2006-11-03 15:09
c0016718_024786.jpg

前日夜から出発して夜中は同行者と色々とエギング話に花も咲いて、気がついたら睡眠時間も少しだけになってしまって睡眠不足状態です(笑)

前回の釣行では数もサイズもガクンと悪くなったのだが、今回の釣行は数こそある程度回復がしたもののサイズ的には前回と同様にパッとしない釣果だった。

朝から夕方前まで確実なキープサイズと言えるようなアオリは釣り場全体でも少なくて、そろそろ撤収をしようかなと思っていた時にやっと約19センチと、ひとまわり小さいサイズが釣れるという一日だった。

アオリのサイズに合わせてエギのサイズも小さい物を使用すれば数的には釣果は伸びるだろうけれど、それでは面白くもないし数は捨ててサイズを期待したものの、私のレベルでは結果はなかなか厳しいものだった。

このままシーズン終了に向かうのか、それとも今回の満月を期に沖合いからアオリイカの群れが岸近くに寄って釣果が上向く事があるのか?
私には判らないけれど、できればもう少しエギングシーズンを楽しみたいとは思う...。
by 2kyo | 2006-11-03 00:14