ブログトップ

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

kyoblog.exblog.jp

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

c0016718_148540.jpg

昨日は前日からの寒波の影響で京都市内でも薄っすらと雪化粧、近所でも昼間から雪が舞うという天気だった。

少し山沿いの方に行って見ると雪の量も多くなり、吹雪のように雪が舞うのには驚いたが、積雪もシッカリとしていて、樹木や屋根の上は真っ白な状態になっていた。

昨年の冬は記録的な雪の多い冬だったが、今年は暖冬予想だけに今回のような積雪はあまりないかもしれない。

まぁその方が釣りには助かるのだが...。
c0016718_147226.jpg

by 2kyo | 2006-12-30 01:54
c0016718_2281148.jpg

昨日は夕方狙いで丹後まで短時間釣行、1杯だけだったけれど、やっと今冬シーズン初のヤリイカを釣る事ができた。

釣り場に到着した時には目当てのポイントには誰も居ないしラッキーと思っていたら、一台だけ止まっていた車から釣り人がポイントへ歩いていく姿を目にして「あと数分間でいいから早く着いていれば...」と心の中でつぶやいてしまった...。

仕方なく他のポイントでエギを投げることに...
すぐにチビアオリが1杯釣れたけれど、数投後にさざ波で見にくかったけれどよぉ~く見てみるとエギにチビアオリが数杯着いて来ている(^^;

チビアオリと遊びに来たのではないので場所移動するものの今度は何にも反応がない(笑)

しばらくすると目当てのポイントに入っていた人が移動したので、そのポイントへ移動して心機一転スタート!
しかし、そんなに世の中甘くない、場所移動されたぐらいですから当然何にも反応のない時間が続くだけ。

ヤリイカ狙いで中層を意識していたけれど、気分転換に底を意識してアオリ狙いに変更すると、運良く目測18センチクラスが2杯続けて乗った!
しかしその前に、前回の釣行時のキロクラスと比べても確実に重みを感じるヤツをバラしてしまっているのが口惜しくて素直には喜べない状態だった(^^;

辺りが薄暗くなってきて、再びヤリイカを意識してエギを動かしていると、やっと今冬初めてのヤリイカが1杯だけだったけれど釣ることができた。
連発を期待したが単発で終わってしまい、その後しばらく粘ったものの釣果はなく撤収となった。
by 2kyo | 2006-12-28 02:42
c0016718_17324177.jpg

今日はクリスマスイブ今年も残りがわずかだ、そんな中を前夜から出発して今年最後になるかもしれない釣行。

日付が変わる頃に到着した物の、しばらくすると雨がポツリポツリと降ったり止んだりを繰り返して、その後はしっかりとした雨降りになりジャンパーもびしょ濡れで雨水が滴り落ちる状態になってしまったので車に退避、しかしその後も雨は降り続けて止まない...
あきらめて朝まで予定外の仮眠をとることにした。

夜明け前の6時前に再スタートとなったが、目当てのポイントには既に釣り人が入っていたので仕方なく他のポイントでエギングスタートとなった。

暗い時間帯は全く反応がなく、夜が明けて明るくなっても反応のない時間が続く状態...
今回はヤリイカ狙いでの釣行だったのだが結局お昼前に撤収するまでヤリイカの反応は感じられなかった。

その代わり予想外にアオリのグッドサイズ、胴長27センチが釣れてくれたので、結果的には好釣果になった(笑)
by 2kyo | 2006-12-24 17:40
c0016718_160282.jpg

昨日は午後を過ぎてからゆっくりと日本海までドライブ気分、一応ロッドは1本と少しのエギとワームは積んで行った。

先日の積雪が所々に残っているのを見て、もう冬なんだなぁ~とあらためて実感した(笑)

夕方前に塩坂越に到着して、少しだけワームを投げてみるとアナハゼが釣れたものの、アタリはないので夕陽が色づくまでボォ~とした時間を過ごしていた。

そこに地元のオジサン?が元気良くやってきて、「もうイカは終わってるで、今はタルイカが回っている」と話してくれると同時に、何やら釣りを始めるのを待っている様子...
イケズ心がムクムクと出てきたので、釣り道具ではなくカメラを出してきて写真を撮り始めると、オジサンはソソクサと去っていった(笑)

c0016718_1685231.jpg

その後は陽が沈むまで遊子まで移動しながら適当にカメラのシャッターを押して移動。
日が沈んでからは遊子で少しだけエギとワームを投げてみたが、釣れたのはミミイカとガシラだけだった。

帰り道に街灯のある漁港を見てみたら、しっかりと釣り人の姿があるのには驚いた、平日の夜にでもメバル狙い?の釣り人は元気に繰り出しているようだ。
by 2kyo | 2006-12-21 16:10
c0016718_5512658.jpg

16日は久しぶりの釣行ができた、行き先は丹後方面で友人と二人での釣行となった。

夜が明けるまでの暗い時間帯はメバル狙いで20センチ前後を2匹、あとはリリースサイズを数匹という釣果、明るくなってからはエギを投げるのが習性と言うか...(笑)
結果はチビアオリが4杯と言う釣果だったが、底ベッタリでロングステイしても、早い釣りで誘っても結果はチビアオリだけという結果だった。

一緒に行った友人もアオリは同じようなサイズを同じような数を上げていたが、同じ釣り場内を見ていた限りでは全然釣れている様子はなかったようだ。

太陽が上がってからは再び根魚と遊んで昼ごろには撤収となったが、久しぶりの徹夜は体力的には厳しものを実感した釣行だった。
by 2kyo | 2006-12-17 05:59
c0016718_22231428.jpg

今日はアオリイカ釣行紀と相互リンクをしている「淡路島ヘボ釣り紀行」で開催されていた「むーちゃん杯」の賞品としてエギをいただいた。

参加することで楽しませてもらって、こちらからお礼をしなくてはいけないぐらいなのに、逆にこんなに沢山いただいて本当に"ありがとう~"って言う気持ちです(^^)

もし、まだ一度も「淡路島ヘボ釣り紀行」を訪れていない方がおられましたら、楽しいサイトですので是非訪問してみてください。
by 2kyo | 2006-12-07 22:27
c0016718_2315576.jpg

先月の後半から休みと天候がうまくかみ合わない事もあって釣りに行けていない。
明後日が休みなので明日の夜からでもと思っていたら、親戚の急用が入ってしまったので釣行はできそうにない...。

さすがに海水温度も下がってきて日本海側ではアオリの釣果も少なくなってきたようだけれど、釣行している人の絶対数も減ってきているので、釣果情報そのものも少なくなっているのも事実なので釣り場はシーズン真っ最中と比べると随分と空いているはずだ。

12月と言えばタルイカが若狭では一番多く接岸する時期でもあるし、パワーのあるロッドで桁違いの強い引きを味わう為にタルイカ狙いでの釣行というのも面白そうなのだが、エギングロッドで対応できるかどうか?

胴長が40センチ程度の小型タルイカなら問題けれど、60センチを超えて10キロクラスとなるとエギング仕様では耐えられないかもしれない..。
by 2kyo | 2006-12-06 23:23