ブログトップ

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

kyoblog.exblog.jp

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

c0016718_23565753.jpg
昨夜遅くからの釣行、行き先は前回の釣行先とほぼ同じ場所を回った。
大きな違いは風の向きが前回は北から北東の風、今回は南から南西の風、当然の事ながら前回は風裏だった場所は風の影響が強いし、千切れた藻も浮いていたりする。

ラインが流されたり、海中の中の藻が潮の動く方向に揺らいで、根掛りする範囲も当然のように変わってくる。

しかし今回はサイズが出なかった事もあるけれど、ギリギリを攻めすぎた...沈めすぎた...反省(^^;

今週から来週にかけては満月の大潮も過ぎて潮回り的には上げ下げが少なくなってくるが、その分活発すぎた青物も動きが鈍ってくれると、あまり動いていないアオリも少しは動いてくれるかもと期待はしているのだけれど果たして結果はどうなるだろう?
by 2kyo | 2007-10-29 23:51
c0016718_17435361.jpg

今日は休みだったので釣行しようと思えば昨夜からの釣行はできたのだけれど、雨模様と午後からの確実な強風・波...予報が悪い方に外れると風はもっと早くから強くなりそうと予想して結局は釣行を見送った。

今回の満月の大潮のタイミングでは各地で好釣果が続いているようなので、確実にアオリの群れが移動していて、各釣り場で早朝や夕方を中心にサイズ的にも胴長20センチを超えるグッドサイズも数多く釣れていると思われる。

少々の雨だったら、その影響で釣り人の数も減るだろうし、週末と言ってもそんなに満員状態という事もないだろうから、雨を味方につけて釣行すれば、イカの警戒心も多少は雨模様の方が低くもなるだろうから実際には釣行日としては凄く狙い目の一日だったと思う。

釣行をしなかった分...今日はショップを回ったりして少し散財もしてきたけれど、終盤に向けて秋シーズンでは滅多に使わない3.5号を中心にエギも少し買って、防寒着も安い物だけれど買って来た。
by 2kyo | 2007-10-27 17:55
c0016718_23472632.jpg

今日は釣り友のご夫妻と現地合流でのエギング、アテにしていた波止が波が高くて釣りにならかったり、逆に予想以上の釣果に恵まれた場所があったりして、何ヶ所も移動した一日だったけれど結果的には予想以上の釣果に恵まれて、しかし楽しい会話・雰囲気もあって本当に充実した一日だった。

車を駐車できるスペースがあって、車からほとんど歩く事もなく釣りができるような手軽な場所が多かったけれど満月が近いという好条件もあったけれど、結果的には充分に満足できる釣果も得る事ができた。

ただサイズ的には最大サイズが胴長20センチに届いたと思っていたけれど、家に帰ってから改めてメジャーをあてて見ると微妙なサイズだったのが惜しい!
by 2kyo | 2007-10-24 23:57
c0016718_2259342.jpg
今日は前回に続いての釣果ゼロを避けるべく今シーズンは安定している若狭西部への釣行となった。
前夜から明け方まで断続的に雨と雷と風という荒れた天候だったけれど朝の7時頃にはスッキリと晴れ間が広がる気持ちの良い天気に変わり夜明け頃までの風雨が嘘みたいに思えるほどだった。

天候も大丈夫と判断しエギを投げ始めてみたものの全然アタリもイカの姿も見えない、しばらくして空いていた岸際のシャローに投げて根掛り覚悟で底まで沈めて探っていると3連発の釣果があり、本日のボウズノ逃れ達成!

その後は近い範囲で移動を繰り返しながらポツポツと釣果は重ってリリースを含めて20杯という釣果に恵まれたけれど、サイズ的には16.5センチが本日の最大サイズという少しばかり不満な結果で終わった。
(写真は胴長15センチ)

夕方前を中心に今日だけで魚にラインを切られてエギのロストが4個もあった。
エソの仕業だと思っているけれど...根掛りでもないのに4個のロストは痛い!!

昼間の時間帯は少しワームで遊んでみたがアコウは釣れずにガシラ(最大21センチ・リリース)ベラ、フグ...でお土産になる魚は釣れなかった。
c0016718_23122087.jpg

by 2kyo | 2007-10-18 23:12
c0016718_12541449.jpg

昨日は釣行予定はにかったけれど、特に用事もなくて時間的には釣行も可能だったので午後からの出発にはなったけれど手近な若狭中部方面へ行って来た。

掲示板への書き込みのおかげで早朝から場所によっては風が強い事は理解していたが、漁港などのファミリーフィッシングを楽しんでいるような場所なら...と、勝手に楽観視して釣り場へ着いたものの、しっかりと北風が強く最初に行った浜も危険を感じるほどの波が残っていて風も強かった。

そんな状況の中で北風の影響が少ない場所や、追い風になる場所を求めて移動してみたが、当然の事だけれどそういう場所には、ただでさえ土曜日と言う事で釣り人が多いのに、更に釣り人が集中している状態で釣りを出来るスペースもなく、駐車スペースも満杯・はみだし状態(^^;

少し離れて駐車スペースを確保して夕方になればファミリーフィッシングを楽しんでいる人たちは帰ることが多いので待機することに...。

予想通りに夕方になると釣り人の数は一旦減りだして、釣り場もすき間が空きだしたのでとりあえず追い風状態で30分程エギを投げてみたが撃沈!

今日はあきらめて帰ろうかと思いつつ、時間的には余裕があるので回り道をしながら数ヶ所の釣り場を見たが満員状態ばかりか、風か強くて釣りにならないような状態ばかり。

最後の一ヶ所も釣り人が既に居て釣りを楽しむには厳しい状態だったので今度は本当に帰ろうとしていたら、撤収をしはじめたので入れ変わりにその場所で少しばかり投げてみる事にした。
すぐにリリースサイズが足元まで寄ってきて(最初から居たのかも?)エギを抱いて勝手に墨を吐いてナチュラルリリース。
その後はまったく気配もなく、足元にアジが泳ぐ事もなく、ズルズルと半分意地になってしまって30分程度のつもりが気がつくと2時間経過していたが、そのまま釣果は得ることなく撤収となった。

正直言って数杯の釣果が最後の場所に限っては得られると思っただけに完敗だった。
by 2kyo | 2007-10-14 13:10
c0016718_2231292.jpg

今月に入ってからまだ一度も海を見ていなかったけれど、今日はやっと短時間だったけれど小浜湾まで行ってきた。

昼前に家を出発して午後から釣り場に到着すると言う、ズボラな時間からの釣行で釣果もボウズ覚悟の小浜だったけれど結果的にはキープ4杯、リリース3杯、その他コウイカとソゲが一匹釣れたので満足できる釣果だったと思う。

釣果の安定している若狭西部まで行くにも時間的に厳しいという事もあったけれど、わざわざ釣況が厳しい若狭中部、しかも小浜湾内という行き先になったかと言うと、砂利浜で車が止められて人も少なそうなイメージの場所として頭に浮かんだのが小浜湾内の某場所だったからだ。

しかし行った事はあっても一度もエギを投げた事がない場所だけに、水深も判らず状態、でも現地に到着してみると浜が少しばかり斜面になっているので、きっと少し投げるとそれなりの水深もあるだろうと期待して投げてみたけれど、すぐに着底する...浅い...3メートルどころか2メートルあるかな?(^^;

それでも少しづつ横へ移動しながらエギを投げていると、とりあえずアタリはあって釣果もあったのでボウズ逃れとなってひと安心。

時計は17時、帰る前ラスト1時間、さすがにサイズが14センチ止まりだったので近くの小さな船着場に移動してサーフはサヨナラ...(^^;
なんとか胴長17センチが釣れてくれた。
c0016718_22314756.jpg

by 2kyo | 2007-10-11 22:32
c0016718_16195668.jpg
結局昨日も今日の休みも釣行をすることなく家と近所をブラつく程度で終わってしまうのは間違いなさそう...。

次の休みの予定日も予報では雨模様になっている。

天気だけは100パーセント自然相手なのでどうしようもないだけに、休日と天候の相性が良くなる事を願うしかできない。

ネット上での情報などを見ていると、相変わらず今シーズンの若狭方面では釣り人のプレッシャーによる場所と、比較的人が少ないような場所とでは釣果の違いが出ているようだ。

人が少ない場所と言うのは筏などの事実上有料になったり自力では行けない場所や、結構な距離や時間を費やして歩く必要がある釣り場が一番に思い浮かぶが、砂利浜砂浜などの中に磯場があったりすれば、多くの釣り人がその磯場では釣れそうだと考えて集中するだろう。

しかし海の中は磯からの起伏という延長線上がどちらに伸びているのかとか、かけ上がりはあるのか?あるとすればどのラインにあるのか?などを考えて答えを導き出す事ができれば、人が集中する磯場からだけでなくても、ある程度の飛距離を稼ぐ事ができるなら充分にサーフからのエギングでも釣果の期待はできる場合もあるだろう。

若狭では"渚釣り"と呼ばれる砂浜からのチヌを狙った釣り方があるが、実際にその釣りをしている人を見た時には、えっそんなに近くで釣れるの?という印象だった。
その場所では一度も釣りをした事がないので、駆け上がりの有無やそのライン、海の中の状況は判らないけれど、仮に近くにかけ上がりがあって、同時に海の中に藻や障害物などのストラクチャーの存在があるならば、一見綺麗な砂浜であっても手付かずのアオリ釣り場である可能性もあるかもしれない。
by 2kyo | 2007-10-08 15:24
c0016718_22414115.jpg

先日のオフ会以降、仕事の都合や天候や私用などで釣行が一度も出来ていない。
と言っても、まだ一週間も経っていないのだが...(笑)

この3連休も仕事や私用もあって今夜も家でPCの前に座っている状態、連休の最終日の月曜日は用事はないのだけれど、どうやら台風の影響もある雨模様の天気になりそうなので釣行は無理っぽい状況だ。

シーズン真っ最中だと言うのに、このままでは10日間以上も釣行間隔が開いてしまいそうなのだけれど、こんな事ってここ数年間ではなかったかもしれない。
by 2kyo | 2007-10-06 22:47
c0016718_17342017.jpg

今日から10月、エギングも例年通りならそろそろシーズン後半の様相が現れてきて、先週まで釣れていたのに全然釣れなくなった...という話しが聞こえだす時期でもある。

一斉にアオリの群れが沖の方へと移動する?
それなら漁師さんの網に一時的にアオリが大漁になるはず...

活き餌のアジなどでは釣れるのにエギでは釣れない...
やはりアオリは釣れにくくなっただけで居る。

アオリイカって共食いもするのだけれど、食性が変化して共食いが多くなる?
知っている人がいたら教えて欲しいです(^^;

しかし釣り人の少ない、釣り場においては10月に入っても、水温が低くなりきらなければ11月後半でもサイズアップしたアオリがエギングで楽しめる事もあるので、やはり釣り難くなる最大の原因はある程度の数の減少と人的プレッシャーなどなのかもしれない。

そんな10月だけれど今日はオフ会翌日の骨休みで釣行もしないでノンビリとした休日を過ごしている。
近くの田園風景ではコスモスや彼岸花も田んぼの畦などに咲いていて、風景は確実に秋本番になってきている。
c0016718_17344482.jpg

by 2kyo | 2007-10-01 17:49