ブログトップ

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

kyoblog.exblog.jp

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

c0016718_17315199.jpg

今日は昨日に続いて連休なので、少し無理をすれば日帰り釣行も可能なのだけれど、京都市内でも風が出ているので風をさえぎる物が少ない釣り場では更に強い風が吹いている可能性が高いだろうと考えて、今日は久しぶりに釣りショップを数件ハシゴしてきた。

昨年辺りからの石油製品の値上がりの影響を受けて、釣り道具も値上げが続いているが店頭で実売価格を見ていると更に値上がりをしている製品が多いように感じた。

今の時期と言うのは、季節としては暖かくなってきて釣りだけに限らずアウトドア関連のレジャー用品もゴールデンウィーク期間中はバーゲンセールを開催しているショップが多く、一年間で一番実売価格が低いとも言える一週間だ。

今後の地球規模での石油関連製品の需要の大きさを考えれば、年末にかけて値下がりが期待できる可能性は低いようなので、エギに関しては秋シーズン用に向けたエギも含めて今の時期に品揃えをしている釣りショップも多いから、財布の中身に余裕があれば少しでも安く購入できる今の時期に自分の定番道具などは買っておくほうが賢明かもしれない。
by 2kyo | 2008-04-27 17:41 | 釣り具
c0016718_23414647.jpg

昨夜遅くから釣り友と2人で若狭西部を目指して出発、天気予報では南の風が強くなるとの事だったので北向きの釣り場を選んだ。

深夜の時間帯はまだ風も弱かったので途中で目的地以外の釣り場に寄り道をしてみたけれど、まったくイカのアタリもなく撃沈状態...。

その後は予定通りに目的の釣り場へ移動したものの、久しぶりに来たと言う事もあるけれど、目指していたポイントは大きく様変わりしていて、相当に大回りでもしなければ入れない状態。
深夜に入ったことも無い場所、しかも足場も悪い場所のようなので大回りする事は危険と判断し再び移動。

移動後はそのまま仮眠突入、早朝は予想していた以上に寒くて、明るくなってからも寒さに負けて仮眠を延長(^^;

しばらくして釣り場へ入っていったが、風が強く、しかも吹く方向も一定しておらず、正面からと横風が間交じり合う状況になった。
数回餌木を投げてみたものの、まともに釣りにならず、半ば諦め気味に特に行き先を定めずに長距離移動。

午後になってから若狭中部まで移動...
結局移動後も風はクルクル吹く方向が変化し、白波が立つような強風の向かい風もあれば、追い風もあり、横風もありと...たまに風も弱まり...風の品評会のような状態が夕方まで続き、釣果はボウズ覚悟をしていた撤収1時間前にコウイカを1杯だけで終わった。
by 2kyo | 2008-04-26 23:54 | 釣行
c0016718_20181075.jpg
気象庁のページに今年に入ってから海水温度の分布図が新しく追加をされているのだけれど、ここ数日の好天気・高気温の影響も手伝ったのか?実際の所は判らないが、若狭湾内の舞鶴北端から宮津の東側、伊根の一部に暖水塊がとも言えそうな水域が発生している。

海水温度は高い場所では15度どころか16度さえも超えるという、春アオリには充分な海水温度表示になっているので、昨夜からそのエリアの中でも水深が深いラインに最も近いエリアである丹後半島の西側へ行ってきた。

到着した時には風もなく海面も池のように波もない、これではアオリが居たとしても動いていないのでは思わせるような静かな海だった。
しかし数投後には向かい風が吹き始めてて、結局その後はずっと吹き続くという状況が続いた。

水深のある釣り場、向かい風と斜め向かい風もガケを反射しているのか?同時に吹いてくる風、反対側の方向は先客の釣り人がいるので餌木を投げる事はできない...。

天気予報でも南風が続く予報だったので、あっさりと諦めて風の影響が少しは弱い漁港内の水深も浅い場所へ移動。

漁港内ではアオリの期待は厳しすぎるのでモンコイカの期待して底狙い、しかし全く当たりもなく時間だけが過ぎて行く。

気晴らしに餌木をワームに換えてメバル・ガシラ狙い、しかしジグヘッドを前に投げても横に飛んでいく始末...
それでも風が弱まったときには真っ直ぐ狙った場所へ飛んで行く事もあり、ガシラ2匹をリリースとなった。
c0016718_20422361.jpg

一向に風は弱まる気配もなく、本当に諦めて帰ってしまうと思ったときに、足元で月夜の薄明かりの中で白い影が数個あるのに気づき餌木を落としてみると反応あり!

フグなら数率いれば一定方向から餌木に反応するはず、しかし白い影の反応はイカのように多方向から反応している。
白い影と餌木の影が重なって...多分餌木を抱いているはず
軽く合わせを入れる、しかし針掛かりしなし、再び影が重なる、合わせを入れるが掛らない...数回繰り返してやっと針掛り!

釣れたのはシーズン最後の接岸の特徴とも言える?やせ細ったサイズの小さめなヤリイカだった。
その後もサイトエギングでヤリイカを追加し、影が見えなくなってからは中層から底付近をヤリイカを意識し餌木を横緯度させてヤリイカを追加し合わせて5杯のお土産となった。
by 2kyo | 2008-04-23 20:39 | 釣行
c0016718_20305297.jpg
昨夜から釣行先を何処にするか迷いながらの出発になったけれど、道中でオフ会に何度か参加してくれている友人が若狭中部に居るとの事で、その場所を目指して車を走らす事にした。

無事に合流できて状況を聞いてみると、風が強くなってきて吹く方向も風が舞う状態になってきて釣りには厳しい状況になり車で休憩をしていた。

なるべく風の影響が弱そうな場所を考えて一緒に移動、あまりパッとしないので移動...更に移動...で仮眠タイムに突入。

明け方と言っても既に明るくなりきっていたけれど、早朝の時間帯と言う事で"奇跡の1杯"とも今の時期なら呼べそうな親アオリも少し期待をしていたけれど、結果は友人も含めて釣り場全体でもアオリの姿はなかった。

しばらくすると、釣り場内にオフ会に参加をしてくれた事がある友人が気がついてくれて声をかけてくれた。

結局友人達も含めて、この釣り場ではコウイカばかりの釣果となったが、同じ趣味を持つ者が一緒に楽しめる一日になって釣果よりも気持ち的に充実した釣行となった。
by 2kyo | 2008-04-20 20:41 | 釣行
c0016718_18113981.jpg

昨夜から出かけるか、出かけるのを見送るかを迷いながら、結果的には遅くから若狭中部へ出発。

迷っていた原因は波は心配なけれど風が強そうで、しかも時間と共に段々と強くなってくる予報だったからなのだけれど、釣り場に到着して車から降りた瞬間に「風が強い!」と実感。

まぁそれでも片道2時間ほどかけて、道中で食料も買ったことだから建物のなどの場所を考えれば風の影響も少なくてすみそうな場所もあるし、釣り場には1人も釣り人もいない様子なので、立ち居地だけは自由になるので餌木を投げ始める事に。

1時間経過...藻しか釣れない
できればボウズは喰いたくないのでもう少し粘ってみる...
やっと1杯目のコウイカゲット!
これでボウズ回避となって気も楽になって、こういう時って案外気楽になってからは続いて釣れたりする事もあるようなと自分に言い聞かせて続けていたけれど、1時間余り過ぎてもやっぱり釣れるのは藻だけ!

あきらめてアラームもセットしないで車で就寝タイムに突入~!

目覚めてからは30分ほど場所移動して餌木を投げてみたけれど音沙汰なしで撤収決定。

実質3時間余りでコウイカが1杯というのは予想以上に厳しい結果だったと言えるけれど、ボウズを喰らわなかったのでヨシ!としよう(^^;
c0016718_1823298.jpg

by 2kyo | 2008-04-16 18:23 | 釣行
c0016718_2336369.jpg
今回は昨夜から出発して道中で友人と合流して前回と同じ若狭中部方面2人での釣行。

さすがに土曜日の夜だけあって平日なら滅多に対向車が来ない山道でも今回は数台すれ違って、釣り場も人が多いかなぁ...と予想をしながらの現地到着。

意外に釣り人は少なく...
しかし釣り場全体の"空気"が全く釣れませんという雰囲気...

とりあえず餌木を投げてみたものの全く釣れる気もしかなかったので゛、早々に場所移動したものの、釣果が望めそうな釣り場所はつすがに釣り人の影が多くてパス!(笑)

釣り人の少ない場所は当然とも言えるけれど...今回はやはり釣れない、と言う事で再度場所移動。

前回の釣行でコウイカが釣れた釣り場に到着し、10日間経っているので、今の時期なら当然接岸状況も良くなっているだろうと考えていたけれど、現実には全く反応がなくしばらく2人で粘ってやっとコウイカが1杯という厳しい状況だった。

再度少し移動してコウイカを2杯追加し暗い時間ま間に仮眠に突入。

目が覚めたのは既に明るくなっていたけれど、釣り場には釣り人の姿もまばらで問題なし!
しかし餌木にイカの感触も全くなし。

再度少し移動してやっとコウイカ1杯追加するものの後が続かず、あきらめて再びzzz...

お昼を過ぎて目覚めてこのまま撤収するかどうか迷った挙句に、再度移動してコウイカ2杯追加となった頃に天気予報とは違う内容の雨降りとなったので撤収となった。

10日間という時間が過ぎて、今の時期なら海水温度の上昇にも伴いコウイカも接岸数が増えていると単純に予想をしていたが、現実には釣れたコウイカノサイズも前回よりも平均サイズ、最大サイズ共に小さく、時間当たりの釣果も少なかった。

10日間の間に新月の大潮を挟んでたけれど、今回の釣り場に限っては接岸数が増えているとは感じられない状況だった。
ただ...単に本日は半月で小潮という事もありイカそのものが低活性で釣果にそのまま表れただけという事もありえるが...。

場所によっては若狭でもオカッパリでの親アオリの釣果が聞こえてくる可能性も確率は低いけれどあるかもしれないし、コウイカに関してはかなり高い確率で接岸数も増えて比較的釣りやすい状況を期待できると予想しているのだが果たして結果はどうなるだろう?
by 2kyo | 2008-04-13 23:55 | 釣行
c0016718_14195229.jpg

今日は平日の休み、予定では海にいるはずだったけれど昨夜からの雨と、海では強い風の予報が出ていたので釣行見送りとなった。

若狭方面ではタイミング的にはアオリは少しばかり早いし、ヤリイカはもう厳しいし、イージーな狙いとしてはコウイカになるので、少々の風が吹いていても繊細なアタリがとれなくても、ある程度はコウイカは釣れるので、雨さえ我慢すれば釣りにはなるのだが、しかし単独釣行で雨や強い風の中で何時間も立っている気力と体力の自信は持ち合わせていないので、結果的には今日のように見送りになる事が多い。

秋シーズンのアオリイカが数も多いし、釣り場さえ確保できれば比較的イージーに釣れる事あって、新しくエギングを初めるには一番良いシーズンと思うが、底とりの感覚やある程度の釣果も期待するなら春のコウイカも良いシーズンだと思う。
by 2kyo | 2008-04-10 14:27 | 雑記・その他
c0016718_18284897.jpg

昨夜からの釣行は出かける前からコウイカメインになるだろうと予想はしていたけれど、結果も予想通りにコウイカシーズンスタートを充分に感じさせる釣果になった。

ヤリイカは1杯だけ釣れたものの、全く反応もなく根掛かり覚悟でストラクチャー付近でのロングステイでの釣果だった。

コウイカは今回何ヶ所か釣り場を回って見たけれど、結果的には釣果が得られたのは1ヵ所の釣り場だけだった。

今回も寒さを甘く見て普段着で出かけた事もあり、夜中と早朝は体が震えてロッドを持つ手も震えて勝手に餌木を小刻みに動かし続けてしまうという状態になってしまった。


by 2kyo | 2008-04-03 18:35 | 釣行