ブログトップ

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

kyoblog.exblog.jp

アオリイカ釣行紀~京のひとりごと~

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

c0016718_17313882.jpg
今回も早朝からスタートし午後には撤収というオーソドックスな時間帯での釣行。

天気予報では今回のエリアは風の影響がなさそうだったのだが実際には方向が一定しない風が吹き続けて、風嫌いの私にはなかなか辛い状況だった(^^;

かと言って、釣りにならないほどの強風でもない事から、有力ポイントに立てていた事もあり、そのうち風も止むだろう...そろそろ止むだろう...と期待するだけで時間は過ぎていくのに風も止まず、肝心の釣果はサッパリダメで、途中で餌木をワームに変えてガシラと遊んだり...。

お昼頃になり、近くでヤエン釣りをされていた方たちからの情報で、今日は朝からまったく釣れなかったという話しを聞く事ができた。

その事から今日の状況はアオリは動いていない、時間帯から考えても居るとすれば藻場の中やストラクチャーに着いていると考えるのが自然なので、少しばかり根掛かり覚悟でストラクチャーを直接攻めていく中で、やっと1杯だけだったが本日の釣果を得ることができた。
by 2kyo | 2012-05-30 17:41 | 釣行
c0016718_22283192.jpg

前日の夜から家を出発して、翌日の早朝メインでの釣行だったがアオリのアタリは一度も感じる事もなく、イカの姿さえも全く見る事もなくキレイさっぱりとボウズで終わった(笑)

今回は行き先の釣り場の選択に迷ったこともあり、ある程度ドライブで終わってしまう事も覚悟はしていたものの、潮回りは悪くないので全くのボウズと言うのは完敗と言える。

早朝の時間帯が過ぎた後は睡眠を取り、それでも時間的には余裕があったので何ヶ所か釣り場を偵察してきたが、さすがに日中と言う事もあり釣れているシーンは一度もお目にかかれなかった。

釣り場の墨跡については、圧倒的にモンコイカと思われる墨跡が多く、アオリと思える墨跡は例年と比べると少ないと感じた。
by 2kyo | 2012-05-24 22:36 | 釣行
c0016718_16303368.jpg
1週間の間に3回もの釣行となったが、釣り場は前回とは違う場所で今回も早朝からスタート。

正直期待値は高かったのだが...

コウイカは1杯だけ釣れたものの、アオリの釣果がないままに時間が過ぎていき、気がつけばピーカン、ベタナギ状態になっていて、午前中で撤収する予定だった事もあり、このままアオリの釣果はゼロで終わりそうと覚悟もして続けていると、やっとアタリがあり今回も運よくアオリの釣果を得ることができた。

胴長約31~32センチのオスの個体だったが、針掛かりがしょく腕一本だった事もあり強い引きを楽しめた(^^;

その後は撤収まで追釣果もなく終わったが、同行者もアオリやモンコ、コウイカの釣果を得られていた。

帰りがけのタイミングでオフ会へ参加をしてくださった人たち数組と偶然に出会ったりして、有意義な半日でした。
by 2kyo | 2012-05-19 16:38 | 釣行
c0016718_17482734.jpg

前日の夕方から鼻水が酷くなり体調的には決して良くない状態、しかし各地で釣果が出始めたり、前回の釣行でも同行者は釣果を得ている事なども含めて今シーズンの流れを考えれば、今回の新月前後はピークとなる可能性が高い。

普通なら体調不良で釣行を見送るところを少々の不安を抱えながらダメなら仮眠後にそのまま帰ってくる覚悟での釣行となった。

仮眠から目覚めた時は下を向くと鼻水が数回落ちるという、このまま撤収かという状態だったが、食べ物を口にして、少し潮風に身体を馴染ませていると、不思議な事に鼻水が気にならない状態に回復してきた。

それならと早速餌木を投げ始めるが、まったく反応もなく1時間以上が過ぎて、おもいっきり読みを外したか...と覚悟をしかけた頃に待望の初ヒット!

慎重に寄せて、タモですくって...あっ、タモが壊れている!
金具の先端の留め金部分が折れてしまって外れている状態になっていた。

幸いなことに...?
キロ以下と思われるサイズで特に問題なくタモ入れ完了で今年初のアオリイカゲットとなった。

この後は1時間後、2時間後に1杯づつ追加したものの、その後は全く反応もなく13時半に撤収。

今回のアオリはすべて胴長25センチまでで、(メスなので小さいのは仕方ないとして)シーズン当初のビッグサイズが釣れるタイミングよりも、ほんの少し早かったのかもしれない。
by 2kyo | 2012-05-17 18:01 | 釣行
c0016718_21345377.jpg
今回は少し書き込みが遅れたが、釣行日は13日の日曜日。

早朝から友人と3人での釣行、狙いはアオリイカだったが...

風が少しばかり強くて、特に体感温度が低く寒さを感じるという、絶好の釣り日和ではなかったが、天候的には雨が降る事もなく決して悪すぎる条件でもなかった。

しかし結果は...
私は時間経過とともにダレてきたりもして、餌木以外の物を投げている時間が次第に多くなり、釣れたものと言えばメタルジグでアコウが1匹釣れただけだった。
by 2kyo | 2012-05-15 21:39 | 釣行
c0016718_21451491.jpg
前回の釣行から約3週間も間隔が空いてしまっているが、この間は天候と休日の相性が悪く、唯一好天気だったGW前半は用事があったりと、とにかく釣りに行きたくても釣りになりそうにない天気予報が休日の度に続いてストレスもそろそろ溜り過ぎて溢れ出しそうになっていた。

今日も予定では昨夜から出かけるつもりだったが、天候がイマイチで風も波も強くなりそうなので一旦は釣行を見送ったのだが、ドライブ覚悟で日中に海まで往復することに。

13時頃に釣り場へ到着したものの、天気予報どおりに風が強い状態。

立ち位置を少しでも風の影響が少ない場所を釣り場内で選んで餌木を投げてみるものの、やはり少しばかり辛い状態...が、風が少しばかり強いのはドライブだけで終わるのも覚悟の上なので、なんとか釣りになる状況の中で続けていると、風が強くなり雨も落ちてきたりと、少しずつ気持ちも滅入ってくる。

そのうち風の影響で手の指先が冷たく感じはじめ、さすがにこのまま続けていても釣り場に到着した時と比べても風も時間と共に強くなってきているし、ドライブで終わってしまったと諦めた方が良さそうと撤収を決め、車を走らせる。

でも...
一ヶ所だけ寄り道してみる事に...(^^;
先ほどの釣り場と比べると地形的な違いから風も少しばかり弱くて、これなら釣りにもなりそうと判断し餌木を投げてみることに。

しばらくして小さいけれど確かなアタリを感じて電撃合わせ!
うっ、重い!
確実にキロアップある重さだけれど、引き味はアオリではない。
タコでも釣れたかなと思い水面まで上げてくると、水を吐く、吐く、
そうですモンコイカ(1500グラム)でした。
その後は小さなスルメイカ?を1杯追加しただけで、結局2ヵ所の釣り場で約4時間、ゴールデンタイムまで粘りたかったけれど、風も強くなり17時には撤収となった。
by 2kyo | 2012-05-10 22:03 | 釣行